読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジャイルサムライ読書会 横浜道場 「ユーザーストーリーを集める」を開催しました

アジャイルサムライ 横浜道場

7月5日 アジャイルサムライ 横浜道場「ユーザーストーリーを集める」を開催しました

今回から第3部に突入、第6章「ユーザーストーリーを集める」をみんなで読みました。
自分もチームに参加して輪読をしました。

自分が入ったチームで話が出たのは、

  • 「時期尚早な事前分析」
    • 現状の開発では正確な見積もりを求められるので必要
    • 本当に必要になるかわからないしムダだよね
    • 正確な見積もりを出せるレベルだと、もう作れるのでは?
  • 文字で伝えるのは難しい
    • 後で見ても思い出せない事も多い
    • 文書にすると安心する
  • 「ストーリー」
    • 詳細に書きすぎると融通が効かなくなる
    • ユーザーの言葉で書く事が重要
    • INVEST
    • 価値を書く事が重要
    • 妄想でストーリーを書いていいのか?
    • 役割は、顧客とシステム部門とで矛盾するストーリーも発生する
    • 矛盾したストーリーを実装するかどうかはPOが決めれば良い


また、うちのチームでは、ビッグウェイブ・デイブのサーフィンショップのストーリーだしワークショップを行いました。
f:id:takubon:20120709212828j:plain

  • その他ディスカッションタイム
    • 網羅と言う言葉が出てきたら気をつける
      • 網羅する事は必要なのか?
      • 顧客から求められる
    • 価値が明示的な場合には書かなくて良い?
      • ストーリーとして記載されていれば書かなくて良い


他のチームのディスカッションの痕跡は以下の通り
f:id:takubon:20120709212945j:plain
f:id:takubon:20120709212937j:plain
f:id:takubon:20120709212929j:plain
f:id:takubon:20120709212926j:plain

ふりかえり
f:id:takubon:20120709212951j:plain

今回は、@yenjoji さんにファシリテーターをお願いして、自分は一参加者として参加しました。
が、話しすぎてしまったので、次回から気をつけて参加していきます。